さつき藤野工房(さつき地域活動工房)

 

さつき藤野工房とは

さつき藤野工房とは
 
 主たる対象者を知的障害者とする生活介護の事業所です。定員は20名で月曜日から金曜日(祝日含む)の9時30分~16時00分の間、活動しています。現在は、さつきの会が運営するグループホーム及び藤野さつき学園の利用者が主に利用しています。
 

リーフレット

リーフレット
 
( 2016-05-16 ・ 536KB )
 
( 2016-05-16 ・ 594KB )
 

さつき藤野工房の目指すもの

さつき藤野工房の目指すもの
 
 さつき藤野工房では、一人ひとりの特性に応じた細やかなサポートにより誰からも大切にされる自分をつくります。工房の活動を通じてそれぞれのスタイルに合わせて地域で主人公として暮らしていけるようにサポートしていきます。
 

さつき藤野工房の1日

さつき藤野工房の1日
 
8:40 送迎
9:30 作業(途中休憩)
12:00 昼食、歯磨き支援
13:00 作業(途中休憩)
15:00 おやつの時間
15:30~16:00 送迎
 

《主な作業》

《主な作業》
 
さつき藤野工房ではこんな作業や創作活動を行っています
受注作業
商品の梱包、部品の組立、シール貼りなどの軽作業
創作活動
オーナメント、ぬいぐるみ、バネポーチなどそれぞれの個性に合わせた作品づくりなど
 
☆藤野工房では、現在創作活動に使うハギレやボタンを集めています。ご家庭で不用なハギレやボタンがありましたら頂けると助かります。
 

《イベント》

《イベント》
 
さつき藤野工房では外出や、集いなどに積極的に参加しています
 祝日には各種レクリエーションや地域行事に参加し、日中には適宜エクササイズやウォーキングを実施しています。クリスマス会やお疲れ様会なども行なっています。また、藤野さつき学園と協力して、4月お花見、5月さつき祭、8月納涼祭、10月森のキラキラ(地域施設の合同運動会)などを実施しています。
 

アルバム2014

アルバム2014
 

アルバム2015

アルバム2015
 

藤野工房的日々

藤野工房的日々
フォーム
 
今日のBGM(1曲目)
2016-05-05
 「パパの歌」忌野清志郎(アルバム「MAGIC」より)
 
Jr.の出産に立ち会うため、急いでタクシーに乗った時のこと。
カーラジオからは偶然にも「パパの歌」。
このタイムリーさに驚き、とても感動しました。
 
♪昼間のパパはちょっと違う 昼間のパパは男だぜ♪
 
利用者さんにもJr.にも男(いい意味で)を見せられるように
頑張らねばと思う今日この頃であります。
 
そういえば・・・
先日、高尾にある清志郎さんのお墓に行ってきました。
(興味のある方は是非!)
 
ゴキゲンな歌を残してくれた清志郎さん。
あなたの歌を音楽サークルでも時々歌わせてもらってますよ。
 
清志郎さんに感謝!!    (Mr.BCG)
 
 
Shuで昼食!
2016-05-04
今日はみんなでカフェレストランShuに行ってきました!!
 
チキンカレーに豚角煮丼、鯖の燻製定食など絶品料理に舌鼓!!
お替り自由のサラダをみんな何度もお替りしていました。
  (お替りのサラダが一時無くなったほど・・・)
 
また行きたいものです。
 
ごちそうさまでした。  (Mr.BCG)
 
 
うっかりさん(ノД`)・゜・。①
2016-05-03
 
とある日のこと、職場の近くの診療所に通院しました。
 
受付が混んでいたので、会計の窓口にまわり診察券入らしい箱の中に診察券と保険証をポトンと入れたところ
 
受付の方のリアクション
 
 ガガガ━Σ(ll゚ω゚(ll゚д゚ll)゚∀゚ll)━ン!!!
 
それもそのハズ、私が入れたのは募金箱でした。
 
受付の方が自分の判断では開けられない箱らしく、事務長さんも登場して、何とか無事に救出できました
 
診療所の皆様、その際はホントにご迷惑をおかけしました Otto
 
 
新入社員の篠﨑です
2016-04-29
 4月からお世話になっています。
毎日笑顔が絶えず、楽しい環境で働いています。
和菓子屋で働いていた経験を活かして、利用者の皆さんと一緒にお菓子作りでも出来たらと思います
趣味は野球観戦、美味しいお蕎麦屋さんと喫茶店巡りです
何処か美味しいお店があったら教えてください
 
熊本・大分地震に思うこと…
2016-04-28
 この度の震災に遭われた方には、衷心よりお見舞い申し上げます。
 
 今月14日の未曾有の震災から2週間が過ぎました。前震→本震→余震が続くなか、交通やライフラインの復旧は徐々に進んでおります。がしかし、依然、多くの方が避難所での不自由な生活を強いられています。
 
 災害弱者と言われる障害者の方の避難状況については、情報がなかなか入らないために知的障害者の事業所で働く者の一人として心配しております。
 
 私ごとですが、21年前の阪神大震災では、半年後に現地へ知的障害者の施設へボランティアとしてお手伝いをさせていただきました。見慣れた街が目茶苦茶になってしまった光景は今でも忘れることができません。半年という時間の中で、利用者の方の生活は落ち着きを取り戻しつつありましたが、同時に心のケア(心の傷:PTSD)が大事だと実感しました。少し揺れるだけでも、震災時の状況がフラッシュバックしパニックを起こす方も見受けられましたので…
 
「何気ない毎日がいちばん幸せ」と言いますが、今回の地震のような大きな災害が起こるたびに、この言葉の意味を深く噛み締めます。1日でも早く被災されている方々に「普通」の日々が訪れることをお祈りしています。Otto
 
藤野さつき学園
〒252-0186
神奈川県相模原市緑区牧野9638
TEL:042-689-2873
FAX:042-689-3066
―――――――――――――
藤野工房(さつき地域活動工房)
ライムライト・さつき相談センター
〒252-0184 
相模原市緑区小渕1990-1
TEL:042-682-0850
FAX:同上
―――――――――――――
<<藤野さつき学園>> 〒252-0186 神奈川県相模原市緑区牧野9638 TEL:042-689-2873 FAX:042-689-3066